胃カメラ一般内科       牛久市「ことより医院ブログ」

kotoyori.exblog.jp
ブログトップ

紫外線の怖~い話し(夏の健康トピック④)

9月に入って、空高く秋の気配を感じるような・・・、いや、感じないような・・・。

太陽は真夏のように照り付け肌に突き刺さるような毎日です。


紫外線は3月ごろから増え始めて6~8月ごろが最も強くなります。

ですので、9月・10月はまだまだ紫外線対策が非常に重要です。

紫外線は目に見えませんが、日焼けの原因のみならず、シミやシワや

たるみ等の老化を促し、さらには皮膚がんを引き起こす恐れのある

大変危険なものです。


紫外線には、波長の違いによってA波、B波、C波の3種類があります。

C波はオゾン層で吸収されてしまうため地上まで届きませんが、A波とB波は

しっかりと地上まで届きます。ですので厄介なのはこのA波とB波です。


地上に届く紫外線のうちA波が90%を占めます。A波の特徴は、

①雲や窓ガラスも通り抜けて肌まで届く。

②肌の赤みやヒリヒリ感などが起きにくいので、日焼けの危機感がわきにくい。

③表皮だけでなく真皮まで到達してしまう。

このA波によって、私たちの真皮にある コラーゲンやヒアルロン酸を作り出す細胞が

破壊されると、お肌のハリや弾力が失われ、シミやシワやたるみといった光老化現象が

どんどんどんどん現れるのです。


またこれに対してB波は、真皮まで届くことはあまりありません。

ですが、肌表面の細胞を傷つけて火傷状態を引き起こし、シミやソバカスの原因、

皮膚がんの原因にもなります。


紫外線は本当に怖いですね。

一日の紫外線の半分が降る10時~14時には、顔を隠せる帽子や腕カバーや

長そでを着用したり、日焼け止めの活用をしたり、思い切って外出を控えたり、

是非是非対策をなさって下さい。


これから秋の運動会がある地域も多いと思います。

お子様からパパママ、お祖父様お祖母様まで、どうぞご家族皆さんでお気をつけ下さい。
by kotoyori-iin | 2012-09-01 10:59 | ●夏の健康

茨城県牛久市の 「ことより医院」 のブログです。一般内科および消化器内科の専門医として診療しています。お子様の診療も行っています。胃カメラ(鼻からも口からも可能)は受診後予約となりますのでご相談ください。往診・健診・予防接種も承っております。


by kotoyori-iin