胃カメラ一般内科       牛久市「ことより医院ブログ」

kotoyori.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:●花粉症( 5 )

こんにちは。ことより医院スタッフです。

3月になり急に春らしく温かくなってまいりました。

同時に花粉の飛散も増加中。

花粉症の身にはつらい季節がきました・・・。

早い方では1月中から “少し花粉が飛び始めた感じ”と

お薬の希望が出始めました。

ピークを迎えると専用の眼鏡やマスクで防御しても

それだけでは症状を抑えきれなくなってきます。

専用アイテム、お薬、うがい、花粉の付きにくい衣類など駆使して、

少しでも症状を和らげてこの時期を乗り越えたいものです。





     ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
      
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2016-03-05 09:45 | ●花粉症

花粉症シーズン到来です

またやってきました。

花粉症のシーズンです。

いまや日本人の4人に1人が花粉症と言われる時代です。

花粉症の発症にはもちろん花粉の飛散量が大きく影響しますが、

それだけではなく遺伝や環境要因も関係してきます。

両親ともに花粉症の場合15歳以下の子どもの発症率は約6割、

片方の親が花粉症の場合は約4割と言われています。

しかし両親ともに花粉症ではない場合も約2割の子どもは花粉症を発症しています。

当院でも「両親も、両方の祖父母も叔父叔母も花粉症ではないのに・・・」

というご家庭で、お子さんがごきょうだい全員花粉症を発症された患者さんも

いらっしゃいます。

また、中高年になってから花粉症の症状が出る場合もあります。

「風邪とは違うけれど鼻が詰まって苦しい。」

「疲れ目とは違うけれど目がショボショボして涙が出る。」

などの「もしや??」と思う症状が出たら、早めに診断をお受けくださいね。

花粉症についてのご相談は通常の診療時間でお受けしています。



過去ブログです。

•花粉症について① (なぜ花粉症になるの?)

•花粉症について② (日常生活での注意点)




   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-03-08 11:13 | ●花粉症
最近では、お薬やマスクとは違った新しい花粉症対策ツールも登場しています。


NTTdocomoでは、パソコンや携帯電話から全国の花粉の飛散状況を

リアルタイムで確認することができる無料サービスを行なっているそうです。

その名も「ドコモ花粉ライブ」。

観測地点は全国4000か所(3月末日までに設置完了)で情報は10分ごとに更新

というのですから、テレビの天気予報で聞く花粉情報よりもかなりきめ細やかな

花粉情報を得ることが期待できそうです。

私も携帯から確認してみましたが、牛久は「つくばエリア」として表示されるようです。

ちなみにこのブログの更新時点では「level.1 花粉飛散ほぼ無し」という表示でした。


10分おきに更新される花粉情報がパソコンや携帯から見られるなんて、

世の中がすごいスピードで進化していて、「ついていけません(泣)・・・」という感覚です。

でも、このような役立つツールは少しでも使いこなせると便利ですね。




ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-03-19 16:43 | ●花粉症
患者さまから、花粉症対策として日常生活ではどのようなことに気をつければよいかと

ご相談されることがあります。ここでは主要な注意点をあげてみます。



★マスクやメガネの着用

日本医大の実験では、通常のマスクとメガネの着用のみで、鼻が吸い込む花粉数は

7割減、目の結膜内の花粉数が4割減という結果が出ています。


★戸外での洗濯干し、安全なのは午前9時まで(泣)

服に花粉がつかないように戸外で洗濯を干すことのできる目安は午前9時までと言われて

います。この時間では洗濯物は乾かないので、部屋干しや乾燥機の使用などの対策が

必要になります。


★着衣の工夫

ウール系素材の衣類は繊維の隙間に花粉が入り込みやすいので、特に外出時には

コットン素材の衣類や、またウィンドブレーカーのようなビニール系の衣類を選んで、

屋内に持ち込む花粉数を減らすようにしましょう。


★加湿器の活用

室内が乾燥していると花粉が舞うため症状に結びついてしまいます。加湿器を活用して

乾燥を防ぎ、花粉が舞い上がらない環境を作りましょう。



主な注意点をあげてみましたが、これらのことに気をつけていても残念ながら完全に花粉を

排除した生活を送ることはできません。

症状に気づいたら早めに受診するようにして下さいね。






ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2338840.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-03-10 11:39 | ●花粉症
3月に入り、ニュースでも花粉の飛散情報が流れ始めました。

日本では、4人に1人が花粉症にかかっていると言われています。



ここ10年~20年で急激に患者数が増えた花粉症ですが、それは大戦後の復興や

住宅資材の確保のために、1950年代から60年代にかけてスギの植林が盛んに

行われたことに起因します。スギは樹齢30年以上で花粉がつくので、丁度

1980年代からスギ花粉飛散が増え、それに伴って花粉症が急速に広がりました。



人間の体は、ウイルスなど 「敵だ!!」 と判断したものに対して、抗体と呼ばれる

たんぱく質が攻撃をする働きがあります。これが免疫です。ですが、アレルギーに

よって、花粉のように本来体に害を及ぼさないものまで敵だと判断してしまい

不必要に抗体を作って攻撃してしまうことがあるのです。そして、アレルギーの細胞に

乗った抗体と花粉の成分がくっついて、鼻汁や涙やくしゃみを起こす原因となる物質が

できます。これが花粉症が起きる初期段階です。



今年は花粉の飛散が例年よりは少なめとの予報ですが・・・油断は禁物です!

花粉の飛散量が多かった昨年、それまで花粉症の症状がなかった方の体内では花粉を

敵とみなす抗体が作られた可能性があります。昨年作られた抗体が残っているかも

しれない今年は、誰にとっても要注意!!の春です。



例年花粉症の症状にお悩みの方も、今年初めて花粉症かな?と思う症状が出た方も、

早めの受診・早めのケアで、少しでも快適にこの季節をお過ごしください。





ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2338840.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-03-05 11:59 | ●花粉症

茨城県牛久市の 「ことより医院」 のブログです。一般内科および消化器内科の専門医として診療しています。お子様の診療も行っています。胃カメラ(鼻からも口からも可能)は受診後予約となりますのでご相談ください。往診・健診・予防接種も承っております。


by kotoyori-iin