胃カメラ一般内科       牛久市「ことより医院ブログ」

kotoyori.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ノロウイルスの予防

今年は早くから全国各地でノロウイルスが猛威を振るっているようです。

ニュースや新聞でも毎日のように取り上げられていますね。

ノロウイルスは感染力が強く、食べものや手指から口を通ってウイルスが体内に入ります。

潜伏期間は短く、1~2日で発症します。ヒトの体内に入ったウイルスは増殖しながら小腸に

取り付いて炎症を起こさせ、激しい下痢や嘔吐、発熱などの症状を引き起こし、

重症になると脱水症状を伴い点滴などの処置が必要になります。

ノロウイルス自体をやっつける薬はなく対症療法で対応しますが、体の外にウイルスを排出

させなければならないので、下痢止めは服用しないようにしましょう。

しかし、下痢が続くと脱水症状が起こりやすくなりますので、十分に水分補給することが

重要です。

感染を防ぐためのポイントですが、単純ですがやはりまずは正しい手洗いです。

正しく手を洗うことで概ねウイルスを流し落すことができます。外出から帰宅した時や、

トイレの後、食事の前、ウイルス性胃腸炎に感染している人の看護をした後は必ず正しい

手洗いをしてください。正しい手洗いの方法は12月10日のブログ記事を参照してください。

また、こちらは厚生労働省のノロウイルスに関する情報です。








ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-12-25 13:43 | ●医療・健康関連の情報
近年、鼻ではなく口で呼吸をする人が増加傾向にあります。この「口呼吸」をしていると

空気中のウイルスが体内に直接入り、感染症にかかりやすくなってしまいます。

最近徐々に風邪やノロウイルスが流行してきていますが、これらを予防するためには、

前回・前々回の記事でとりあげた正しいうがいや手洗いと同様、口呼吸対策も大切です。


鼻には、吸い込んだ空気に適度な湿り気を与える加湿機能があり、また空気中の

細菌やウイルスが体内に入らないよう防御してくれます。鼻の粘膜には抗菌作用の

ある成分が含まれ、鼻毛が細菌やウイルスの防御網となってくれるのです。

 
一方、口呼吸ではウイルスが体内に直接入り込み風邪などをひきやすくなりますが、

それだけではなく睡眠が浅くなることも分かっており、その為に日中だるかったり

疲れやすかったり、お勉強や仕事の集中力が低下したりすることもあります。


口呼吸の原因は、アレルギーによる鼻づまりや、主に柔らかいものを食べる食生活に

よる口の周りの筋肉低下や、親が口呼吸だと子供も口呼吸をする傾向、など様々です。


鼻呼吸を促すためにできることをあげてみます。

まず、起きているときに口呼吸に気づいたら意識して口を閉じましょう。

また、口の周りの筋肉を強化するよう生活の中で意識してみましょう。

(変顔体操をする、食事のとき口を閉じて1口30回ほど両側で均等に噛むなど)

さらに最近では鼻呼吸を促すサポートグッズも市販されています。

寝ているときに鼻に貼ると鼻孔を拡張し、通気率を上げる「ブリーズライト」や

上下の唇を閉じる「ネルネル」などです。



みなさんは、鼻呼吸できていますか。

あれ?と思う方はぜひ上記の対策を試してみてください。





ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-12-18 11:06 | ●冬の健康
これからの季節に感染がどんどん増える風邪やウイルス性胃腸炎。

これらの予防の基本は、やはり手洗いうがいの励行です。

正しく手を洗うと、手指に付着したウイルスや菌はほぼ洗い流すことができますが、

ちゃちゃっと洗ってしまうと却って手指全体にウイルスを広げてしまいかねません。

そこで今回は「正しい手の洗い方」をご説明します。

★  ★  ★  ★  ★  ★

まずは石鹸を十分に泡立てます。

そして右の手の甲と左の手の平を合わせ指を組んで5回程度ゴシゴシと洗います。

左右を入れ替えて同じように5回ゴシゴシ。

今度は手の平同士を合わせてやはり指を組んで5回程度ゴシゴシ。

次に親指をつかんで親指の付け根をクルクルと洗います。左右共におこないます。

さらに右の指先を左の手の平で円を描くようにして洗います。

同じく左の指先も洗います。

最後に手首をつかんでやはりクルクルと滑らすように洗います。左右共におこないます。

きれいに水やぬるま湯で石鹸を洗い流して終了です。



食事前や帰宅時、またお子さんの鼻をかんだり排泄の手助けをした後には是非

このような手洗いを心がけてみてください。

ただ・・・・この洗い方、私の場合はかなり皮脂が足りない状態になってしまいます。

ですので、手洗い後はご自分の肌に合うクリームなどで十分保湿をしていただくと

よろしいかと思います。




ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-12-10 22:21 | ●冬の健康

茨城県牛久市の 「ことより医院」 のブログです。一般内科および消化器内科の専門医として診療しています。お子様の診療も行っています。胃カメラ(鼻からも口からも可能)は受診後予約となりますのでご相談ください。往診・健診・予防接種も承っております。


by kotoyori-iin