人気ブログランキング | 話題のタグを見る

患者さまから「靴のまま入っていいの?」と聞かれることが時々あります。

ことより医院は靴をスリッパに履き替えることなく、そのまま診察や検査を受けて

いただくことができます。


「玄関に段差がないからいいね」

「履き替えは面倒なのよね」

「たとえ殺菌されていても共用のスリッパを触るのがイヤなので靴のままは嬉しい」

「小さな子どもを連れてくると靴のまま診てもらえるのは便利」


などなど大変ご好評です。



若い女性の方からは

「冬場はブーツなので脱がなくていいのがいいですね~」

というご意見もありました。


ご来院の際はそのままお入りくださいね。




ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
靴を履いたままでどうぞ!_e0251068_2232408.gif

# by kotoyori-iin | 2012-03-21 11:23 | ●ちょっとしたQ&A

最近では、お薬やマスクとは違った新しい花粉症対策ツールも登場しています。


NTTdocomoでは、パソコンや携帯電話から全国の花粉の飛散状況を

リアルタイムで確認することができる無料サービスを行なっているそうです。

その名も「ドコモ花粉ライブ」。

観測地点は全国4000か所(3月末日までに設置完了)で情報は10分ごとに更新

というのですから、テレビの天気予報で聞く花粉情報よりもかなりきめ細やかな

花粉情報を得ることが期待できそうです。

私も携帯から確認してみましたが、牛久は「つくばエリア」として表示されるようです。

ちなみにこのブログの更新時点では「level.1 花粉飛散ほぼ無し」という表示でした。


10分おきに更新される花粉情報がパソコンや携帯から見られるなんて、

世の中がすごいスピードで進化していて、「ついていけません(泣)・・・」という感覚です。

でも、このような役立つツールは少しでも使いこなせると便利ですね。




ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
花粉症について③ (最近の花粉症対策ツール)_e0251068_2232408.gif

# by kotoyori-iin | 2012-03-19 16:43 | ●花粉症

30代以上の女性の約47%が便秘だと言われています。

便秘が招く悪影響は、疲れやすい・太りやすい・肌の調子が悪いなど様々です。

便が大腸に長く留まることで腸内環境が乱れて、排出されるべき毒素が血液に

溶け込み全身を回ることで、疲労・肥満・肌への影響などが出現するのです。

毎朝の快便のために大切なことを挙げてみたいと思います。



★食物繊維をしっかり摂る

食物繊維は腸内で分解しきれずに残り、便の量を増やしてくれるので便意のもとになり

ます。1日20g程度の摂取が望ましいのですが、実際には男女ともに15g弱が平均と

いうデータが出ています(厚生労働省・国民健康栄養調査より)。

また、便の量を増やすためには、偏りなくしっかり食事をとることも大切です。



★しっかり睡眠・早めの目覚め

腸は眠っている間に活発に動き、翌朝の排便の準備をするので、睡眠不足は便秘の

要因になります。充分に睡眠をとり、早めに起きて朝食を摂りましょう。朝食を摂ることで

胃腸が刺激され朝の快便につながります。

早めに起きないと「さぁトイレに行こう」という時間も無くなりますよね。



★適度な運動を心がける

腰をひねるなどのお腹を刺激するストレッチも腸の動きを促してくれます。



★ヨーグルトや乳酸菌飲料を毎朝摂取する

腸内では100兆個からの細菌が腸の働きに影響していますが、このうち善玉菌が2割、

悪玉菌が1割、残る7割が優勢なほうに加勢する日和見菌です。そこでビフィズス菌や

乳酸菌などを摂取して善玉菌を優勢にしてあげるわけです。

ハチミツには善玉菌を活発化させる働きがあるグルコン酸が含まれているので、

ヨーグルトにハチミツという組み合わせは有効ですよ。



★ストレスは発散する!

ストレスがたまる→自律神経のバランスが崩れる→腸の動きが悪くなる→便秘になる

ストレスをためこまずに発散して便秘を防ぎましょう。



便秘が続くとつい便秘薬に頼ってしまいがちかと思いますが、お薬に頼る前にお食事や

生活のリズムや運動などで毎朝の快便を目指し、疲労や肥満、トラブル肌とさよなら

しましょう!





ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
朝の快便で疲労や肥満とサヨウナラ!_e0251068_2232408.gif

# by kotoyori-iin | 2012-03-16 22:25 | ●医療・健康関連の情報

患者さまから、花粉症対策として日常生活ではどのようなことに気をつければよいかと

ご相談されることがあります。ここでは主要な注意点をあげてみます。



★マスクやメガネの着用

日本医大の実験では、通常のマスクとメガネの着用のみで、鼻が吸い込む花粉数は

7割減、目の結膜内の花粉数が4割減という結果が出ています。


★戸外での洗濯干し、安全なのは午前9時まで(泣)

服に花粉がつかないように戸外で洗濯を干すことのできる目安は午前9時までと言われて

います。この時間では洗濯物は乾かないので、部屋干しや乾燥機の使用などの対策が

必要になります。


★着衣の工夫

ウール系素材の衣類は繊維の隙間に花粉が入り込みやすいので、特に外出時には

コットン素材の衣類や、またウィンドブレーカーのようなビニール系の衣類を選んで、

屋内に持ち込む花粉数を減らすようにしましょう。


★加湿器の活用

室内が乾燥していると花粉が舞うため症状に結びついてしまいます。加湿器を活用して

乾燥を防ぎ、花粉が舞い上がらない環境を作りましょう。



主な注意点をあげてみましたが、これらのことに気をつけていても残念ながら完全に花粉を

排除した生活を送ることはできません。

症状に気づいたら早めに受診するようにして下さいね。






ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
花粉症について② (日常生活での注意点)_e0251068_2338840.gif

# by kotoyori-iin | 2012-03-10 11:39 | ●花粉症

牛久市健康講座


先日、牛久市より市保健センターの年間予定表「すこやか」が配布されました。


皆様のお手許にも届いていますでしょうか。


この中に、今年度の 『牛久市健康講座』 の年間予定が掲載されています。


6月1日(金)の第1回講座は、当院院長が担当させていただきます。


テーマは、『逆流性食道炎』です。


食道は院長の専門ですので、きっと有意義な講座になると思います。


開催日が近づきましたら、また改めてこちらでご案内させていただきますが、


カレンダーにチェックを付けて、ぜひ皆様でご参加くださいませ。






ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
牛久市健康講座_e0251068_2338840.gif

# by kotoyori-iin | 2012-03-07 16:57 | ●お知らせ