胃カメラ一般内科       牛久市「ことより医院ブログ」

kotoyori.exblog.jp
ブログトップ

タグ:予防接種 ( 9 ) タグの人気記事

こんにちは。

ことより医院スタッフです。

今年はインフルエンザのワクチン流通量が極端に少なく、多くの方のお問い合わせに対してお断り

しなければならない事態が続いていました。この1週間ほどで流通量が安定し、現在は予約受付を

再開しておりますが、連日ご予約のお問い合わせが非常に多い状態が続いています。ご希望の日時

が限られている場合や入試を控えていらっしゃる場合などは早めにご予約をなさって下さい。

また、牛久市でもインフルエンザが少しづつ流行ってきておりますので、どうぞお気を付け下さい。


ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
      
e0251068_16475732.gif



[PR]
by kotoyori-iin | 2017-12-16 15:45 | ●お知らせ
こんにちは。ことより医院スタッフです。

ホームページでもお知らせしております通り、今年度はインフルエンザワクチンの製造が遅れている上に

製造量が少なく、現在十分な数のワクチンが入手できません。このため現在インフルエンザ予防接種の

予約を中断しております。毎日多くの方からインフルエンザ予防接種のお問い合わせがあり、接種を

お待ちの皆様も多いと思います。ワクチンの流通が安定し次第急ぎご予約再開のご案内をさせていただき

ますのでご了承ください。


ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
      
e0251068_16475732.gif


[PR]
by kotoyori-iin | 2017-11-28 13:53 | ●お知らせ
こんにちは、ことより医院スタッフです。

今年も暑い夏でした。まだまだ残暑が続いていますが・・・。
また、異常気象なのか大型の台風で大変な被害を受けた地域もあり心が痛みます。
私の故郷 北海道も被害を受けました。夏の一番良い時期に雨ばかりか台風まで・・・残念です。
皆様も暑い夏の後、体調を崩さないようご自愛ください。

今回は、スタッフから見た「ことより医院」をご紹介いたします。
医院では、年に一回、外部から講師を招いて勉強会を開いています。
院長のお考えで、スタッフの向上心を目指してのことと思います。
期待に応えられているのか?
・・・頑張ります。

また、スタッフミーティングも月に一回行い、忙しいなか院長も必ず参加して色々な意見交換・伝達事項を徹底して、間違いがなくスムーズに物事が運ぶように、患者様に少しでもお役に立てるようにと心がけています。

そしていつも私が感心するのは、院長の患者様に対する姿勢です。
どんなに長い話でも決して遮ることなく、患者様の目を見ながら、肯きながら真剣に聞かれていて、特に高齢の患者様はDrに話を聞いてもらうことで安心して元気になって帰って行かれるのが分かります。
私も、父と母二人の介護をして色々ありましたが、こんなDrに巡り合いたかったと思います。

素晴らしいな・・・といつも心の中で誇らしく思っています。



             【 お 知 ら せ 】

    ※10月から、牛久市のマル福(医療福祉費)支給対象年齢が高校三年生まで
     拡大されます。受診の際は「医療福祉費受給者証」をご持参下さい。

    ※インフルエンザ予防接種は10月11日(火)から開始いたします。
     ただいま予約電話受付中です。
e0251068_9163338.png


     ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
      
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2016-09-06 21:35 | ●スタッフブログ
寒くなってきました。
今年は既に、子供たちを中心にインフルエンザが流行り始めています。
寒暖の差が大きいからでしょうか。
流行が例年よりも3週間ほど早いようです。

当院では、毎月講師を派遣して牛久市の子育てママさん達にベビーマッサージを
体験していただいていますが、ここでもこの時期インフルエンザについての
ご質問が多く出ます。特に上にお兄ちゃんお姉ちゃんがいらっしゃると
「幼稚園や小学校でもらってきたらどうしよう!」という心配も大きいようですね。
お母様方には、やはりまずは予防を心がけることをお話しています。

国のほうでも、①予防接種 ②手洗いうがい ③マスク着用 を呼びかけていますが、
この3点を徹底することで予防効果はかなり上がりますので、手洗いうがいやマスク
着用は是非ご家族で日常の習慣にするといいでしょう。
手洗いやうがいは正しい方法でおこなうことで効果がグンとアップします。
当院でも待合室に掲示をしておりますので参考になさって下さい。

現在は小中学生の発症が多いようですが、例年子どもの流行から少し遅れて大人の
流行がみられます。今年は現時点では「A香港型」の流行です。
これは重症化すると高齢者には肺炎を引き起こす恐れがありますので注意が必要です。
インフルエンザ予防接種は、残念ながら打てば100%インフルエンザにかからない
というわけではありませんが、予防手段のひとつとして考えることが賢明でしょう。


   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
      
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2014-12-06 12:11 | ●冬の健康
現在牛久市では、今年の風疹の流行を受けて、風疹予防接種の助成が検討されています。

6月の議会で承認されれば決定し、早ければ7月1日から申請受付が開始するようですが、

助成の内容は現時点で以下の通りとなっています。



助成対象者:①昭和37年4月2日~平成2年4月1日生まれで妊娠を予定している女性
         ②妊娠中の妻を持つ男性


助成対象期間 : 平成25年2月1日~平成26年3月31日


助  成  額 : 予防接種費用の半額で、5000円を上限とする



既に風疹の予防接種をお受けになられた方も遡って助成を受けることができます。

申請の際に医療機関からお渡ししている「済み証」と「領収書」が必要になりますので

紛失しないよう気を付けて、お手許に保管しておいてください。



  (注)上記の助成内容は、現時点で保健センターから発信されている暫定的な情報

     であり、最終決定は議会を通過してからとなります。ご了承ください。






   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif














 
[PR]
by kotoyori-iin | 2013-06-05 22:17 | ●医療・健康関連の情報
ニュースや新聞でもとりあげられている通り、風疹が流行しているようです。

2008年に調査が始まってから最多だった昨年一年間の患者数を、今年は

現時点ですでに上回っていると国立感染症研究所が2日に発表しました。

風疹は咳やくしゃみなどでウイルスが感染し、全身の発疹や発熱などの症状が

出る感染症です。

特に妊娠初期の女性の感染は、赤ちゃんに難聴や心疾患などの障害を引き

起こす可能性がありますので充分に注意してください。

また20代~40代の方も風疹の予防接種を受けていない方が多くいらっしゃる

世代ですので注意が必要です。

当院でも最近の報道を反映して、風疹の予防接種に関するお問い合わせや、

抗体検査を受けに来られる方が増えています。

当院では、まず風疹の抗体検査を行い、その結果接種の必要がある方には

予防接種のご希望をお聞きしています。ただし、現在全国的に風疹ワクチンが

不足している状態のため、ワクチン確保まで待機していただいたり、麻疹風疹

混合ワクチンの接種という対応をさせていただいております。

厚労省では麻疹風疹混合ワクチンの接種を推奨しています(リンク)。




風疹の抗体検査や予防接種に関してのご相談やご質問などがございましたら、

お気軽にお問い合わせください。





   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-04-04 16:26 | ●医療・健康関連の情報
早期導入が検討されておりましたポリオの不活化ワクチンですが、

2012年9月1日から接種開始となります。


★これまでの生ポリオワクチンに代えて不活化ポリオワクチンが導入されます。

★生ワクチンを口から飲んだのに対して、不活化ワクチンは注射になります。

★計4回の接種となります。

 初回接種として3週から8週の間隔をおいて3回接種します。 また、追加接種として

 初回接種(3回目)終了後6カ月以上の間隔をおいて1回接種します。ただし、この

 追加接種に関しては、現時点では国の定期接種としての承認を待っている状態です。

★標準的な初回接種(1~3回目)の接種年齢は生後3ヶ月から12ヶ月です



牛久市では、従来の集団接種に加えて医療機関での個別接種も可能となり、

ことより医院でも不活化ポリオワクチンの接種をおこないます。接種のご希望、

または接種に関するご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。




ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-08-30 11:01 | ●予防接種
子宮頸がん予防ワクチンについて、お母様方からよくお受けするお問い合わせについて

掲載しておきます。ワクチン接種の際のご参考になさってください。


Q. ワクチンが2種類あると聞きましたがどちらでも受けられますか?
A. はい。ことより医院では、サーバリックス、ガーダシル共に接種をお受けしております。


Q. 2種類のワクチンのどちらがお勧めですか?
A. どちらかを医院でお勧めするということはしていません。現在、子宮頸がんワクチンは
  サーバリックスとガーダシル(2011年9月15日承認)という2種類が認可されています。
  6カ月かけて合計3回接種という点はどちらも同じですが、接種間隔や効果はそれぞれ
  異なります。また、ワクチンの種類は接種開始以後変更することができません。 

  
  ★サーバリックス
  【効果】 子宮頸がんを引き起こす原因の60~70%を占めるヒトパピローマ
  ウイルスのうち、16型と18型の感染を防ぎます。
  【接種間隔】 初回接種日から数えて概ね1か月後と6か月後に追加接種(計3回)

  ★ガーダシル
  【効果】 子宮頸がんを引き起こす原因の60~70%を占めるヒトパピローマ
  ウイルスのうち、16型と18型の感染を防ぎます。また、尖圭コンジローマの
  原因の90%を占めるヒトパピローマウイルスのうち、6型、11型の感染を防ぎます。
  【接種間隔】 初回接種日から数えて概ね2か月後と6か月後に追加接種(計3回)



Q.ワクチンを打てば絶対に子宮頸がんにはかからないのですか?
A. 残念ながらワクチン接種で子宮頸がんの発症を100%防ぐことはできません。
  子宮頸がんは、子宮の入口(頸部)にできるがんで、ほとんどがヒトパピローマ
  ウイルス(HPV)の感染が原因で発症することがわかっています。女性のほとん
  どが一生に一度は感染すると報告があります。感染しても大部分は自然に排除
  されますが、5~10年以上経て一部がんの発症につながることがあります。
  また発症年齢も20歳~30歳代に多くなっています。(出典:厚生科学審議会
  予防接種部会資料)
  そのため国では補助制度を作り子宮頸がん予防ワクチンの接種をすすめている
  のですが、子宮頸がん予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となるすべてのHPV
  (ヒトパピローマウイルス)に対応するものではありません。 
  このため、20歳以降は、定期的にがん検診を受けることが大切です。


Q. 初潮をむかえていないと効果はないのですか?
A. 生理の有無はワクチンの効果には特に関係ありません。中学1年生は、生理の
  ある子、初潮がまだの子が混在している学年なので、このようなご質問が時々
  聞かれますが、ワクチンの効果には影響しませんので、ご心配は不要です。


ことより医院は平成24年度より牛久市予防接種協力医療機関となっております。






ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-04-19 11:32 | ●予防接種
ことより医院では、三種混合・麻しん風しん混合・日本脳炎・おたふくかぜ・水ぼう

そうの予防接種、および、子宮頸がん・高齢者の肺炎球菌・の予防接種をお受け

しています。(ポリオ・BCGの予防接種は、保健センターでの実施となります。)

接種を希望される方は、医院受付窓口あるいはお電話にてご予約ください。


*****************************


健康な人が、いろいろな病気にかかりにくくするために打つのが予防接種です。

簡単に言うと、ワクチンを身体の中に入れることによって免疫ができて、細菌や

ウイルスと闘う「抗体」を作り出すというものです。初めてウイルスに感染すると

病気になりますが、身体はそのウイルスを記憶して、次に同じウイルスが体内に

入ろうとするとこれを攻撃します。この仕組みが免疫です。予防接種はこの仕組

みを利用しているわけです。

「悪魔の病気」と恐れられた天然痘は、ワクチンのお陰で世界からなくなったと

言われるまでになりました。最初にこの天然痘の予防方法を考えたのがイギリ

ス人医師ジェンナーで、これが予防接種の始まりです。


現在日本では、9種類の病気の予防接種をすすめています。ジフテリア・百日咳・

破傷風・ポリオ・結核・麻しん・風しん・日本脳炎・インフルエンザ(65歳以上)です。

感染症から我が子や自分の身体を守るために、予防接種を受けましょう。



e0251068_18301514.jpg

              『 予防接種をしたよ。少しだけ泣いちゃったけど
              がんばったよ。先生や看護師さんや受付のお姉さんが
              「さすが年長さんすごいね!」ってほめてくれたよ!』

     



ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2012-04-10 18:43 | ●予防接種

茨城県牛久市の 「ことより医院」 のブログです。一般内科および消化器内科の専門医として診療しています。お子様の診療も行っています。胃カメラ(鼻からも口からも可能)は受診後予約となりますのでご相談ください。往診・健診・予防接種も承っております。


by kotoyori-iin