人気ブログランキング |

胃カメラ一般内科       牛久市「ことより医院ブログ」

kotoyori.exblog.jp
ブログトップ

タグ:熱中症 ( 2 ) タグの人気記事

これからの季節に心配されるのが「熱中症」や「脱水症状」ですが、

患者さんの多くが「水分はとるようにしていたのに・・・」とおっしゃいます。

つまり、ただむやみに水分を摂っているだけでは不十分ということです。

脱水を予防するには上手に水分補給することが重要なのです。



人の体は60%程度が水分でできています。その水分のうち2~3%が失われると

脱水症状が現れ、5~6%が失われると深刻な状態となります。つまり体重50㎏の人の

場合、たかだか3リットル程度の水分喪失が非常に危険な状態を招くことがあるのです。



 ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★



では、どのようなことに気をつけて水分補給をすればよいのかをまとめてみましょう。

①こまめに少量を摂取して体内の水分量を常に安定させる。

②体内への吸収をよくするため、「がぶ飲み」せずに「ちびちび飲み」をする。
   がぶ飲みした水分が吸収しきれずに排せつされると下痢の原因にもなります。

③飲むものは水やお茶でよいが、大量の汗をかいた場合などはスポーツ飲料が有効。
   ただしスポーツ飲料は糖分も多いため2~3倍に薄めて飲むことが肝要。

④豊富な夏野菜を食卓に。
   トマトやキュウリやナス等の夏野菜は水分が非常に多く、飲料ではなく食事からも
   有効に水分補給ができます。

⑤アルコールを摂る時は水も一緒に摂る。
   「ビールを飲んでるから大丈夫」はダメ!!アルコールは利尿作用があり、それだ
   けではなく更に、アルコールを分解するために体内では水分を必要とするのです。



しばらく過ごしやすい日が続いた7月でしたが、これから気温が上がる予報が出ています。

上手に水分補給をして熱中症や脱水症状を防ぎましょう。





ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

by kotoyori-iin | 2012-07-24 13:07 | ●夏の健康
本格的な梅雨が始まり、毎日じめじめ、不快感が襲ってきます。

この梅雨の時期には、熱中症の心配などまだまだ早いように考えがちです。しかし実は、

猛烈に気温が上がる梅雨明けを迎える前に、「暑さに強い身体づくり」をしておくことが

熱中症を予防する手段のひとつになります。



今年の4月、日本生気象学会(国内の医師や運動生理学の研究者による学会)が「日常

生活における熱中症予防指針」
を公表しました。2008年にまとめられたものを、今年の

節電への対応などを踏まえて改定したものです。



この中で、暑さに強い身体をつくる方法として「インターバル速歩」も勧められています。

①早歩きとゆっくり歩きを3分ごとに繰り返し、これを30分間続けます。比較的涼しく

  過ごしやすい朝夕の時間帯で行うのがよいでしょう。

②そして運動が終わって30分以内にたんぱく質と糖を含んだ食品を摂ります。

  牛乳ならコップ一杯程度です。

③週4日以上おこないます。

これを1カ月以上続けることで、体温を調節する機能が改善されていきます。



人は体温が上がると、身体の表面に血液を多く回し、放出する熱量を増やすことで体温を

調節する機能を持っています。この機能を改善し高めてあげるわけですが、こうした体質

改善というものは一朝一夕にというわけにはいないので、ある程度の期間を要します。



本格的な夏を迎える前に、今から少しずつ暑さに強い身体づくりを始めてみませんか?




ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

by kotoyori-iin | 2012-06-20 10:17 | ●夏の健康

茨城県牛久市の 「ことより医院」 のブログです。一般内科および消化器内科の専門医として診療しています。お子様の診療も行っています。胃カメラ(鼻からも口からも可能)は受診後予約となりますのでご相談ください。往診・健診・予防接種も承っております。


by kotoyori-iin