胃カメラ一般内科       牛久市「ことより医院ブログ」

kotoyori.exblog.jp
ブログトップ

タグ:牛久市 ( 74 ) タグの人気記事

がん健診 と がん予防

牛久市では今年度から、医療機関で行う個別胃がん検診のシステムを導入しました。

当院でも内視鏡(胃カメラ)の検査や、内視鏡+リスク検査(血液検査)を牛久市の委託を

受けておこなっております。日本人のがんによる死亡の中で肺がんに次いで多いのが

胃がんとなっていますので、対象となる40歳以上の方は胃がん検診を受診されるのが

望ましいでしょう。


そして、がん検診とともに大切なのが、がん予防の知識です。国立がん予防・検診センター

では、「日本人のためのがん予防法」を提示しています。長期間にわたり数万人規模で

データを得ているため日本人の体質や生活を反映させた予防法となっています。

大きく6項目ですので、常に頭の片隅に置いて生活できるとよいですね。


①喫煙・・・たばこは吸わない。他人のたばこの煙を避ける。

②飲酒・・・飲むなら適量飲酒をこころがける。(アルコール23g/日→概ね日本酒なら1合、

       ビールなら大瓶1本)

③食事・・・偏食しない。塩分を控える(男性9g女性7.5g/日)。野菜・果物を充分に摂る。

       熱過ぎる状態の飲食物を摂らない。

④身体活動・・・日常生活を活動的に過ごす。一日60分程度の歩行や、週に一回程度の

       活発な運動を心がけるとよい。

⑤体型・・・適正な体重管理。(中高年の適正BMIは男性で21~27、女性で19~25です)

⑥感染・・・肝炎ウイルスの感染検査と適正な処置を受ける。



※BMIとは、ボティマス指数・体格指数と言われるもので、以下のように計算します。

      BMI指数=体重(kg) ÷ {身長(m) X 身長(m)}


※国立がん予防・健診センターの「日本人のためのがん予防法」詳しくはこちらです





 ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-06-21 11:17 | ●健診
「最近メタボメタボって言うけれどメタボって何んなんですか?」

「牛久市のメタ坊くんみたいな体型になっちゃダメってことですか?」

これは時折聞かれる質問です。



メタボ、つまりメタボリックシンドロームとは、内臓脂肪症候群のことです。

運動不足や食べすぎなど、長年続けてきた不健康な生活習慣の積み重ねによって内臓

脂肪が蓄積され、それに加えて、高血糖、高血圧、脂質異常といった生活習慣病の危険

因子をあわせ持っている状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。



!!健診の結果がこんな方は要注意です!!

腹囲(おへそまわり)が、85㎝以上の男性。90㎝以上の女性

血糖値が高い    ・・・空腹時180mg/dl以上 または/かつ HbA1c5.5%以上

血圧が高い     ・・・収縮期130mmHg以上 または/かつ 拡張期85mmHg以上

中性脂肪値が高い ・・・150mg/dl以上

HDL値(善玉コレステロール)が低い・・・40mg/dl以下



こうした状態が続くと、気づかぬうちに動脈硬化が進行して、ある日突然心筋梗塞や

脳卒中などを引き起こします。そんなことにならないように、年に一回の健康診断で

ご自分の身体の状態を知り、生活習慣を改善することが大切です。



ことより医院では牛久市の個別特定健診を承っております。おひとりおひとりに十分な

時間をとって、医師からの丁寧な説明が受けられます。

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。





  ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-06-14 14:43 | ●健診
現在牛久市では、今年の風疹の流行を受けて、風疹予防接種の助成が検討されています。

6月の議会で承認されれば決定し、早ければ7月1日から申請受付が開始するようですが、

助成の内容は現時点で以下の通りとなっています。



助成対象者:①昭和37年4月2日~平成2年4月1日生まれで妊娠を予定している女性
         ②妊娠中の妻を持つ男性


助成対象期間 : 平成25年2月1日~平成26年3月31日


助  成  額 : 予防接種費用の半額で、5000円を上限とする



既に風疹の予防接種をお受けになられた方も遡って助成を受けることができます。

申請の際に医療機関からお渡ししている「済み証」と「領収書」が必要になりますので

紛失しないよう気を付けて、お手許に保管しておいてください。



  (注)上記の助成内容は、現時点で保健センターから発信されている暫定的な情報

     であり、最終決定は議会を通過してからとなります。ご了承ください。






   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif














 
[PR]
by kotoyori-iin | 2013-06-05 22:17 | ●医療・健康関連の情報
日本の高血圧患者さんは約4000万人いると言われていますが、高血圧は

自覚症状がほとんどないためサイレントキラーとも呼ばれています。

ことより医院でも「会社の健康診断で指摘されて」と、自覚症状のないまま

来院されることが少なくありません。


心臓はポンプのような働きをして身体中に血液を送り出していますが、この時に

血管にかかる圧力を血圧と呼びます。心臓が収縮して血液を押し出す時の血

圧が収縮期血圧(最高血圧)で、よく「上が120ですね」などと言われるもの。

そして心臓が広がった状態の時の血圧が拡張期血圧(最低血圧)で、「下が78

ですね」などと言われるものです。現在診断基準では最高血圧140以上、最低

血圧90以上を高血圧としています。


血圧は健康状態をみるひとつの指標となります。数値によっては投薬などの治療が

必要になりますが、この他に大切なのは食事や運動などの生活習慣の改善です。

塩分少なめのバランスのとれた食事や、毎日の運動をこころがけること、さらには

禁煙や減酒が重要です。ことより医院でも減塩レシピの冊子などを参考にお食事の

改善をアドバイスしています。


健診などで「血圧が少し高めです」と指摘された場合、まず生活習慣を見直して

減塩・運動・禁煙・減酒に取り組んでみましょう。
[PR]
by kotoyori-iin | 2013-05-26 20:50 | ●医療・健康関連の情報
4月29日(月)の祝日は、牛久市の休日当番医となっておりますので、

午前中(12時まで)となりますが診療を行っております。


院長 琴寄 誠
[PR]
by kotoyori-iin | 2013-04-26 19:28 | ●お知らせ
ニュースや新聞でもとりあげられている通り、風疹が流行しているようです。

2008年に調査が始まってから最多だった昨年一年間の患者数を、今年は

現時点ですでに上回っていると国立感染症研究所が2日に発表しました。

風疹は咳やくしゃみなどでウイルスが感染し、全身の発疹や発熱などの症状が

出る感染症です。

特に妊娠初期の女性の感染は、赤ちゃんに難聴や心疾患などの障害を引き

起こす可能性がありますので充分に注意してください。

また20代~40代の方も風疹の予防接種を受けていない方が多くいらっしゃる

世代ですので注意が必要です。

当院でも最近の報道を反映して、風疹の予防接種に関するお問い合わせや、

抗体検査を受けに来られる方が増えています。

当院では、まず風疹の抗体検査を行い、その結果接種の必要がある方には

予防接種のご希望をお聞きしています。ただし、現在全国的に風疹ワクチンが

不足している状態のため、ワクチン確保まで待機していただいたり、麻疹風疹

混合ワクチンの接種という対応をさせていただいております。

厚労省では麻疹風疹混合ワクチンの接種を推奨しています(リンク)。




風疹の抗体検査や予防接種に関してのご相談やご質問などがございましたら、

お気軽にお問い合わせください。





   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-04-04 16:26 | ●医療・健康関連の情報

花粉症シーズン到来です

またやってきました。

花粉症のシーズンです。

いまや日本人の4人に1人が花粉症と言われる時代です。

花粉症の発症にはもちろん花粉の飛散量が大きく影響しますが、

それだけではなく遺伝や環境要因も関係してきます。

両親ともに花粉症の場合15歳以下の子どもの発症率は約6割、

片方の親が花粉症の場合は約4割と言われています。

しかし両親ともに花粉症ではない場合も約2割の子どもは花粉症を発症しています。

当院でも「両親も、両方の祖父母も叔父叔母も花粉症ではないのに・・・」

というご家庭で、お子さんがごきょうだい全員花粉症を発症された患者さんも

いらっしゃいます。

また、中高年になってから花粉症の症状が出る場合もあります。

「風邪とは違うけれど鼻が詰まって苦しい。」

「疲れ目とは違うけれど目がショボショボして涙が出る。」

などの「もしや??」と思う症状が出たら、早めに診断をお受けくださいね。

花粉症についてのご相談は通常の診療時間でお受けしています。



過去ブログです。

•花粉症について① (なぜ花粉症になるの?)

•花粉症について② (日常生活での注意点)




   ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-03-08 11:13 | ●花粉症
当院では苦痛の少ない胃カメラ(胃内視鏡検査)をおこなっています。



以下の項目に当てはまるものがある方は、胃内視鏡検査を受けられることをお勧めします。

●胸やけ、げっぷ、胃のあたりの痛み、胃もたれなどの症状のある方

●貧血がひどくなっている方

●食欲がなく、体重が減ってきた方

●慢性胃炎だと言われたことのある方

●検診でピロリ菌を指摘されたことのある方

●胃がんの家系の方

●胃がん検診で精密検査を勧められた方


診察をさせていただいた上で検査日の予約となりますので、ご相談ください。



また、当院では口からの検査の他に鼻からの内視鏡検査もおこなっております。

これまでに口からの検査を受けられて「苦しかった・・・」「つらかった・・・」という経験が

ある方も多いのではないでしょうか。そのような方には、鼻からの内視鏡検査をお勧め

いたします。口からの内視鏡検査と比べて、喉への負担が少ないので「オエッッ」となる

反射が少なく、検査の際の苦痛がぐっと減ります。



これまでに喉や鼻の手術をしたことのある方、鼻道の狭い方、出血しやすい病気を

お持ちの方、抗血栓薬を内服している方、キシロカインのアレルギーをお持ちの方

などは、検査ができない場合がございます。該当する方は診察の際にご相談下さい。



       「看護師の吉田です。胃カメラでは、私が先生の介助につきます。
        鼻からの胃カメラはお話も出来るし苦しさがほとんどないですよ。
        患者さまからも「こんなに楽なの!?」と大変好評です。」
e0251068_1162637.jpg







    ご不明な点がございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_16475732.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-02-27 19:36 | ●内視鏡検査

便秘解消のコツ

便秘に悩んでいる方は意外と多いものです。

「もう一週間出ていません」

「トイレにこもっていても全く出ない」

「常にお腹が張って苦しい」

などの訴えは当院でもよく聞かれます。特に冬場は運動量が減ったり水分の摂取量が

減ったりするため尚更ひどくなる傾向にあります。



3日続けて排便がない状態が日常になると「慢性便秘」と呼びますが、これが長期間に

及ぶと腸閉塞を起こし最悪手術となるような場合もありますので、たかが便秘と侮らない

ことが大切です。



便秘解消のコツ、まずは食習慣を見直してみましょう。水溶性の食物繊維がたっぷり

含まれる大根・海藻類・アボカド・プルーンやキウイなどは便を軟らかくし通りを良くして

くれます。一方で豆類やイモ類などは水に溶けにくい食物繊維でできていますので避け

た方がよいでしょう。また「腸内環境を整える」とCM等でも聞くことがあると思いますが、

ヨーグルトや乳酸菌飲料は継続して摂取することがコツです。はちみつを加えて摂ると

乳酸菌の働きがアップするので効果的です。



次に、腸のぜんどう運動を促す運動をおこなうことです。わき腹をつかみながら骨盤を

まわす、両手でお腹を絞りながら前屈と背伸びを交互に行う、身体全体を使って左右

交互にこぶしを突き出す、などの回転や捻り動きは腸の働きを活発にする効果があり、

「セル・エクササイズ」として日本初の便秘外来を開設された順天堂医院の小林教授が

考案・紹介されています。



さらに生活習慣を見直してみましょう。最近多いのは、長時間の通勤通学や夜更かし

による朝のバタバタなどで朝の排便を我慢することが続いて、結果便意に対する反応が

鈍り便秘になっているタイプですが、この場合、上記2点のコツだけでは効果が得られに

くいので、あわせてできるだけ就寝時刻を早め、しっかりと朝食をとり、充分なトイレタイムを

朝に確保することが大切です。



大変苦しい慢性便秘ですが、お薬のみに頼らずにこのような「便秘解消のコツ」を押さえて

実践しながら治療していくことをお勧めします。
[PR]
by kotoyori-iin | 2013-02-08 11:14 | ●医療・健康関連の情報
あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



早いもので今年も既に10日が過ぎました。

気持ちは日常に戻っているけれど、身体がまだお正月なまりのまま、

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。(私自身もそうです・・・)

年末年始は何かと美味しい誘惑が多く外食が増えますし、お正月のおせち料理は

保存食としての役割の名残から糖分や塩分が多めのお料理なので、胃腸は疲れ

体重は増える・・・ということになりがちです。そこで今回は、疲れた胃腸を回復して

お正月モードをリセットするのに効果的な食材をご紹介しましょう。



キャベツ・レタス=胃酸の分泌を抑えるビタミンUが豊富です

ニンジン・ホウレンソウ・ピーマン=活性酵素の発生を抑えるビタミンAが豊富です

オクラ・ヤマイモ・サトイモ=胃の粘膜を保護するムチンが豊富です

マグロ・さんま・いわしなどの青魚=胃潰瘍を予防するEPAが豊富です

柑橘類などの果物=活性酵素の発生を抑えるビタミンCが豊富です

木の実(ナッツ)類=活性酵素の発生を抑えるビタミンEが豊富です



キャベツに含まれるビタミンUは、市販の胃腸薬でも見かけますのでご存知の方も多いと

思います。EPAは、胃酸の分泌を抑え胃潰瘍を予防するだけでなく、血液中のコレステ

ロールを減少させる効果もあり、またムチンは整腸効果やたんぱく質の消化吸収効果も

あります。

これらの食材を上手に採って、お腹すっきり、胃腸をお疲れモードからリセットしましょう!





ご相談ご不明な点などございましたら tel 029-870-5480までお問い合わせください。
e0251068_2232408.gif

[PR]
by kotoyori-iin | 2013-01-11 13:47 | ●冬の健康

茨城県牛久市の 「ことより医院」 のブログです。一般内科および消化器内科の専門医として診療しています。お子様の診療も行っています。胃カメラ(鼻からも口からも可能)は受診後予約となりますのでご相談ください。往診・健診・予防接種も承っております。


by kotoyori-iin